家屋というのは完成した時点から古くなり始めているので、つねに整備をする事が比企郡滑川町でも必要です。特に壁部分というのは常に風雨にさらされていて、次第次第に劣化していきます。そのまま何もしないでおくと外壁部分がひび割れる等、補修をしなくてはいけません。建物の壁部分の老朽化を防止するには周期的な外壁塗装が不可欠です。外壁の塗装というのは外見をきれいに保持する以外にも、壁部分を増強してヒビ等を防止するというような目的もあって、その結果として修復費用などを支払わなくてもすむのです。汚れてないのでいらないというようなことでなく、建造物を守っていくのに大切な手入れです。

壁と同じく屋根のケアも不可欠です。屋根というのは壁とくらべても日光をうけるので老朽化も早くなる場所ですが、そうそう目に入らない部分ですし、痛みに敏感な方も比企郡滑川町では多くはありません。老朽化が進むと、家の中に水が入ってきて腐敗等を引き起こすときもありますので、周期的な管理が大切です。時期としては外壁と同じくおよそ七、八年程度から10年位にて屋根の塗装を行うというのが通例ですが、瓦の屋根は塗り替えはいりません。