見積もりのときに気をつける項目としては下地調整を行うケレン作業があります。前の塗装材を落として外壁の環境の調整を施す工程で、この施工をしないと、新規の塗料がきっちりと機能しなかったり、すぐにもはがれたりすることもあります。新城市でも、下地調整というのは労力が必要なため、中には、これらを飛ばす会社もあるようなので注意を払うことが必要です。期間がすごく短かったり、代金がとても低料金だったりするときは、下地調整のケレン作業を行っているかを注視してください。記載がない際には質問をぶつけてみるのがよいです。

外壁部分にはサイディングという板上の外壁も新城市では頻繁に使用されています。サイディングボードであれば整備をしてなくても良いといった印象を抱く方も少なくないですが、モルタルの壁と同様に外壁の塗装は欠かせません。だいたい十年前後で塗装を施していけば、30年程度は大丈夫ですが、塗装をしないままでいると早めにヒビなどといった異常によって利用できなくなってしまうこともあります。サイディング材だとしても外層は塗装の皮膜で保全されているということは同様なのです。