外壁の塗り替えの見積もり書が出された際に見ておくポイントとして、重ね塗りか挙げられます。雑司が谷でも基本的に重ね塗りの回数は下塗り、中塗り、上塗りの3回実施します。また、日差しをうける南西の方角等、痛みが著しいところについては四回やることもあり、日射が当たらないところは二回となることも考えられます。重ね塗りを何回施すかで用いる塗装材の代金も違ってきますのできちんと気をつけましょう。見積もり書では、重ね塗りを何回するかをチェックし、省略されている時はたずねるようにして下さい。曖昧な返答をしてくるようなところは、やめるようにしたほうが無難です。

壁部分の表面にカビやコケなどが生じると外観が汚いだけでなく、塗膜がいたんでいると判断していいです。コケは日光が当たらない部分に生じやすく、防かび剤の効果が低い塗料をつかっているケースでは早い年数で生じます。建築のときには、経費を抑えるために塗料にお金をかけられないという場合も多く、そういったケースでは塗膜の劣化も早くなります。よりいたむと、ヒビ割れなども発生し、雑司が谷でも修復にかかる費用は大きくなりますので、すぐにも外壁の塗り替えをすることが大切です。