外壁におきる問題としては、ひび、かびなどが考えられます。ヒビというのは乾燥や構造のゆがみ等が要因で発生しますが、大概のケースで修復は可能です。かびについては日影の場所にでやすく、塗装のカビを予防する効き目が低かったりしたときに起きます。切迫してどうにかすべき問題ではないですが見かけも悪いですし、そのまま何もしないでいると傷んでしまいますので壁の塗り替えをすることもありだと思います。塗料がとれるといったケースは横浜市磯子区でも少ないのですが、多くの場合は施工上の失敗になります。

外壁塗装を行う時に慎重にしたいのが色の決め方です。先立って塗料の色サンプルで選択していく形になるのですが、実際に塗られてみると想像とちがう風にでき上がったということが横浜市磯子区でも少なくないです。どうしても見本の色の雰囲気と壁一面に塗られたものではフンイキは異なってくることも珍しくありません。周囲の家の色彩との釣り合いを考える事もポイントです。基本的に、目立つ色彩にすると時間が経つにつれて色あせが目立つので、上品な色を選択すると失敗が少ないです。