外壁の塗装を行うときにしっかりやっておきたいのが壁色の選択です。あらかじめ塗料のサンプルにて決定していく形になるのですが、塗ってみると考えていた色とちがう色に出来上がったということが葛飾区でも多くなっています。どうしてもサンプルの色と外壁全体に塗られた色では印象は変わってきてしまうことも珍しくありません。周りの建物とのつりあいを意識してみる事も大切です。基本的に、鮮烈な色彩の場合は時が経っていくうちに色の劣化が目立ちますので、おだやかな色彩にするとうまくいくことが多いです。

家の壁の塗装をお願いするタイミングは、家が完成してから、または以前の壁の塗装からでいうと、一般的に葛飾区でもおよそ10年位です。つかっている塗料等によって差はでますが、標準ではその位になります。場合によっては、新築のときに質が悪い塗料を使用していたり、もとより塗料自体を使ってなかったりする場合もあり、そういう時はたちまち壁部分が傷んでしまうというような事も多々あります。外壁の塗装というのはひびなどを押さえるというねらいを持ちますので、必ずやるようにしてください。