壁の塗り替えについてのビラでは10年保障というように掲載してある会社も北区ではよくあります。10年間ならばありがたいと思う人も多いと思いますが、チェックしておきたいのは保証の内容になります。ほとんどの場合は対象となるのは壁部分だけで壁から塗料が剥がれ落ちてしまったときだけ保証が認められます。しかしながら、壁から塗料がはがれてしまうことはほとんどないですし、壁と比較してとれてしまいやすいトタンなどというような部分は10年間保障が効かず、長くても3年前後というような保障の中身であることが多くなっています。

外壁にコケなどが生じると見栄えが良くない以外にも、壁が傷ついていると考えて大丈夫です。カビ汚れはジメジメしたところにできやすく、かびを防ぐ効果が弱い塗装材にて施工されている時はすぐにもでてきます。建物を建てる際は、支出をおさえるため塗装材にお金をかけられないケースも多く、その時には壁の素地の劣化も早いです。もっと劣化すると破損等も生じて、北区でも補修の費用は高額になってきますので、早期に外壁の塗り替えを行うことが必要です。