建物の壁の分類としては、モルタル外壁、サイディングが富士見市でも普通で、それ以外だとトタンや板などとなっています。モルタルの壁はセメントや砂石などを混ぜて作ったモルタルを職人さんが塗り、その上に塗料を塗って施工するといったやり方で、サイディングボードがでてくる以前は日本の家屋の大半をしめていました。最近の大部分はサイディングの外壁ですが、先に工場等で作り出されたサイディング材と呼ばれる外壁材を貼る形で仕上げていきます。どちらの壁も何年かおきの外壁の塗り替え作業は大切であるということでは同様です。

富士見市で外壁の塗装の施工業者を絞り込む時の決め手となるのが資格、過去の実績です。資格といった点では塗装工事等の都道府県知事の許認可がなされている会社であるかといった事が重要になります。職人さん個人が持つ資格といったポイントでは塗装技能士があります。なおかつ大事なポイントが作業実績で、許認可はもっていても経験が全然ないというのでは不安になります。これまでとんな感じの工事をやったのかなどを伺ったり、壁の塗装について率直な疑問点を訊ねるのもありです。受け答え等がきっちりしているのであれば信頼してまかせられます。