壁にはサイディングという人造の外壁材というのも筑後草野では頻繁に用いられます。サイディングボードであれば手入れをしてなくて良いといったイメージを抱く方も多いと思いますが、モルタルの壁と同じように壁の塗り替えは不可欠です。10年位で塗装を行っていけば、三十年くらいは長持ちしますが、塗装をしないままでいると早めにヒビ割れ等の異常で利用できなくなってしまいます。サイディングであっても表は塗膜でまもられているということに違いはないです。

持ち家の塗り替えをお願いするタイミングというのは、建築してから、または前回の塗り替えからの年数でいうと、一般的に筑後草野でも十年位です。当然、立地条件等によってちがいますが、基準としてその程度です。中には、建築時に質の良くない塗料を使用していたり、元々塗装材 を利用してないような事もあって、そういったときにははやく壁部分が傷み始めるということも少なくありません。外壁の塗装というものはクラックなどから守るというような狙いもあるので、一定期間でするようにしてください。