建物の壁部分が汚れてきたら、外壁の塗り替えの時期が来ていると判断していいです。見た目がおとろえてきているのは、塗膜の外側が日光などで樹脂層が離脱してしまっているということです。塗膜がとれてしまってきているケースも同じです。もっといたんでいくと、外壁を触った際に塗料が手につきます。これをチョーキングと呼び、新潟市江南区でもこのような感じになったら壁の塗装の時期と思っていいです。

家の外壁の形は、モルタル外壁やサイディング材というのが新潟市江南区でも多く、それ以外にはトタンや板ばり等です。モルタルの壁というのは、砂石やセメントなどを混ぜ合わせて作ったモルタルを職人さんが壁につけて、その上に塗装して仕上げるというような工法で、サイディング材が現れるまでは多数派でした。この頃のほとんどはサイディングを使った壁ですが、先に工場等で作られたサイディング材と言われる壁材を貼りこんでいくように仕上げていきます。どちらも周期的な壁の塗装作業は欠かせないということでは同様になります。