新河岸でも壁の塗装には美観をきれいにするというような意味もありますが、そもそもは建造物を防水で維持するのが役割りになります。外壁というのは塗料にてカバーすることで保護されているのですが、年数が経つといたみ、はがれたりしてしまいます。そうなると家を保護する事がむずかしくなって、柱等の建物の中にまで影響する可能性がでできます。壁の下地がいたんでから壁の塗装をするということでは遅いですから、そうしたことをさけるためにも早い段階での壁の塗装作業が必須です。しっかり手入れをやっていく事により住居の値打ちも高まります。

外壁の塗り替えを施すときにしっかりやっておきたいのが壁色の決め方です。さきに塗装材の色見本を元に選ぶ形になりますが、塗られると想像していた色とちがうものになってしまったということが新河岸でも多くなっています。小さいサイズの色サンプルの色のフンイキと外壁全体に塗装されたものとではイメージは変わってくることも多々あります。周囲の住居の色彩とのマッチ具合をイメージしてみることもポイントです。通常は、カラフルな色彩にすると年数の経過とともに色の衰えが目立ってきますので、落ち着きのある色彩を選択すると失敗が少ないです。