建物の壁の種類としてはモルタルの壁やサイディング材というのが岩出市でも多く使われ、他だとトタンなどがあります。モルタルというのは、セメントや砂等を練り合わせて作ったモルタルを左官屋さんが壁に塗って、そこに塗料を塗って仕上げるといったもので、サイディングボードが開発される前は多数派でした。このごろのほとんどはサイディングボードをつかった壁で、先に工場等で作成されたサイディングと言われる壁材をくっつけていく形で作り上げていきます。どちらも一定期間での外壁の塗装作業が大切であることでは同様です。

建物の塗り替えをしてもらうタイミングというのは、完成してから、あるいは以前の壁の塗り替えから、一般的に岩出市でもだいたい十年前後になります。無論、気象条件などによって違ってきますが、相場としてそのような感じになります。時には、建築の時に質の良くない塗料を利用していたり、塗装材 さえも利用してない事もあって、そうした時は早めに壁が劣化してしまうという事も少なくないです。塗り替えというのはひびなどからガードする狙いもあるので、定期的に行ってください。