建物の壁が色あせてきたら、外壁塗装の時期が来ていると判断できます。見栄えが衰えてきているということは、塗膜の表層が酸性雨などで顔料が離脱してきているという事になります。一部だけ塗装が落ちてきている時も同様です。もっと老朽化すると、壁を手で接した際に塗料が手についてくるようになります。これを塗装の白亜化と呼び、御着でもこの現象が起きたら壁の塗装のタイミングと判断していいです。

外壁の塗り替え作業の見積りを依頼する場合には、個別にお願いするやり方ではなく、ネット、携帯電話からできるたくさんの会社にて一括して見積りを受け取れるサービスを利用するのが御着でも一般的になりつつあります。会社ごとにやってもらうと相手側は専門家なので、その他の会社にも見積もりをしてもらいたくても押し切られる事もあり、別の会社と比べないと見積りが妥当な料金なのかも判断できません。訪問営業が一般的な業種だけあって、相手の業者も仕事を決めようと全力できますし、主導権を握ることはハードルが高いです。複数業者から一度に作業の見積りを送ってもらえるサイトであれば、業者も、別の業者との競争となることを知っていますので、面倒な調整なしで初めから安い金額の見積り代金が出されます。