壁の塗装を施す時にしっかりやっておきたいのが壁色の決め方になります。あらかじめ塗装材の色サンプルで決定するのですが、塗られると想像していた色と異なった風にでき上がったということが万能倉でも少なくありません。どうしても小型のサンプルの色の感じと外壁すべてに塗られたものではイメージは変わってくることも少なくありません。周辺の建造物との釣り合いを考えてみることもポイントになります。基本的には、ヴィヴィッドな色の場合は年数の経過につれて色あせが目立ってきますので、上品な色にするとうまくいきます。

外壁部分に汚れが目立つようになったら壁の塗り替えの時期だと考えていいです。外観がちがってきているのは、塗装材の外層が太陽光等で組織を破壊されているということになります。塗膜が落ちてしまっている時も同様になります。さらに劣化が進むと、外壁をふれたときに塗装材が手についてくるようになります。これらを塗膜の白亜化といい、万能倉でもこの現象が起きたら壁の塗装のタイミングと考えていいです。