家の外壁部分が色あせてきたら、塗り替えの時期になったと考えられます。色が違ってきているという事は塗膜の外層が太陽光等の影響で樹脂が離脱してきているという事になります。一部だけ塗料が剥脱してしまってきているケースも同じです。もっと傷んでいくと、外壁部分を手でさわった時に塗料がつきます。これをチョーキングと呼び、戸越銀座でもこのような様子になったら壁の塗り替えの時期とされます。

外壁の形態としては、モルタルやサイディングボードが戸越銀座でも多く、ほかにはトタンや板等です。モルタル外壁は砂石やセメントなどを混ぜて作ったモルタル材を左官屋さんが壁に塗り、塗料を塗って作り上げるやり方で、サイディング材が開発される前は日本家屋の多数派でした。最近のほとんどはサイディングを利用した壁になり、前もって工場等で作成されたサイディングボードと呼ばれる外壁材をくっつけていくように作っていきます。いずれの壁も一定期間での外壁塗装は大切であるということでは変わりはありません。