壁にかび汚れ等ができると外見が悪い以外にも、壁が傷ついていると判断していいです。かびはジトジトしたところに発生しやすく、防かび剤の効果が弱い塗装材を用いている場合は早い段階で生じます。家を建築する際は、費用を節約するために塗装材の質を下げるというような場合も珍しくなく、そのような際には塗料の老朽化も早いです。もっといたむと破損なども生じて、本巣郡北方町でも修繕の費用は高額になってきますので、早めに外壁の塗り替えを行うことが大切です。

壁の種類ではモルタルの壁やサイディングが本巣郡北方町でもたくさん使われ、それら以外だとトタン等があります。モルタルの壁はセメントと砂石等を練り混ぜたモルタルを左官職人が壁に塗って、そこに塗装材を塗って施工するといったもので、サイディングボードが出てくる以前は主流でした。近年の多数派はサイディング材を用いた壁で、事前に工場等にて作成されたサイディングと言われる壁材を貼り合わせるように作り上げていきます。どちらも周期的な塗り替え作業が大切であることでは変わりません。