外壁の塗り替えの見積もりをもらった際にチェックしておく観点としては重ね塗りの工程か挙げられます。狭山市でも基本的に重ね塗りは下塗りと中塗りと上塗りの3回やります。また、日差しを受ける南の方角など、老朽化が著しい壁は四回やることもある一方、いたみが少ない部分については二回となる事もあります。重ね塗りを何回やるかにより塗装材の分量も費用も差が出ますのでしっかり確認しておきましょう。見積もりでは、重ね塗りを何回行うかをチェックし、書かれていない時は聞くのがよいです。あやふやな応対をしてくる業者は、回避するようにした方が賢いです。

建物の壁の種類としては、モルタル、サイディングというのが狭山市でもたくさん使われ、そのほかには板張り等となっています。モルタルの壁は、砂石やセメント等を混ぜ合わせたモルタル材を左官屋さんがつけて、さらに塗装して仕上げるというようなやり方で、サイディングボードがでてくる前は日本家屋の多数派でした。このごろの主流はサイディング材の外壁ですが、先立って作業場等にて作り出されたサイディングと呼ばれる外壁材を貼っていく形で施工していきます。どちらも何年かおきの壁の塗り替えが必要であるという点では同様です。