建物の壁部分が色あせてきたら、塗り替えの時期になったと思ってください。見栄えが変化してきているのは、塗膜の表面が太陽光などの影響で樹脂を分解されてきているという事になります。一部分だけ塗装が剥落してきているケースも同じです。より老朽化が進むと外壁部分を指で触れたときに塗料がつきます。この現象を塗装の白亜化といい、御所市でもこうなったら塗り替えの時期と考えてください。

外壁塗装の広告ビラを見ると10年保障付きと書かれている業者も御所市では多いようです。十年間保障なら大丈夫だというような人も大勢いますが、知っておきたいのは保障の内容です。ほとんどのケースでは認められるのは外壁の部分のみで、外壁から塗装が剥がれたときのみ保障の対象となります。ただ、外壁から塗料がはがれてしまうというようなケースはめったなことではないですし、外壁よりもはがれ落ちてしまいやすい木部やトタンなどといった部分は十年間保証の対象にはならず、せめても二,三年程度という保障の内容の場合が多いようです。