壁と同じように屋根の整備も不可欠になります。屋根というのは外壁以上に日光にさらされますので老朽化も早くなる場所なのですが、いつもは見えないところですし、痛みを気にする方も奥新川ではわずかです。いたむと、中に水がしみこみ侵食などが生じる事もありますので、定期的な整備も不可欠です。年数としては壁と同じように七年くらいから十年程度を目安に塗装を施すのが一般的ですが、瓦ぶきの屋根は塗り替えは不要です。

外壁塗装についてのちらしに10年保証付きと書いてある所も奥新川では多いようです。十年保証ならば満足だと感じる人も少なくないですが、気をつけておきたいのが保障の内容になります。大多数のケースでは保証が効くのは外壁の所だけで外壁から塗料がはがれてしまったときだけ保証が効きます。ただ、壁から塗装がはがれ落ちてしまうというようなことはあまりないですし、壁と比較して剥がれてしまいやすい鉄やトタンなどというような箇所は十年間保障されず、せめても2,3年位というような保障の中身であるケースが少なくありません。