家の壁部分には、サイディングと呼ばれる人造の外壁も天理市ではたびたび使われています。サイディングボードならばメンテナンスの心配がいらないといった印象を持つ人も多いですが、モルタルの壁と同じように壁の塗り替えは重要です。だいたい10年くらいで塗装を施していけば、だいたい30年位は大丈夫ですが、塗装をしないままでいると早期にひび割れ等の異常でつかえなくなってしまいます。サイディングボードでも表は塗膜で保持されているということは同様になります。

建物の外壁が古ぼけてきたら、外壁の塗り替えのタイミングが来ていると考えて大丈夫です。色がちがっているのは塗膜の表面が日光などにより組織を分解されてしまっているということになります。一部分だけ塗装材がはがれているケースも同じです。もっと傷むと、壁を手で触れたときに塗装が手に付着するようになります。これらをチョーキング現象と言い、天理市でもこうなったら壁の塗り替えの時期とされています。