建物の壁部分に汚れが目立つようになったら外壁塗装の時機であると考えられます。外観がおとろえてきているという事は、塗膜が風雨などで樹脂を分解されてきているということです。塗膜が剥がれている時も同じです。より傷むと壁部分を接した時に塗装材が手につくようになります。このことを塗膜の白亜化と称し、生駒郡斑鳩町でもこの現象が起きたら壁の塗り替えの時機と判断していいです。

壁の塗装を施す際に注意しておきたいのが壁色選びです。予め塗料の色見本にて決定する形になりますが、実際に塗られるとイメージと違うようにでき上がってしまったという事が生駒郡斑鳩町でも多いです。どうしても小型の色見本で見る色と外壁全面に塗られたものではイメージは変わってきてしまうことも少なくありません。周辺の建物とのフィット具合を想像してみることも大事になります。基本的に、カラフルな色を選択すると年月の経過につれて汚れが目立ちますので、穏やかな色を選ぶと失敗が少なくなります。