塗り替えの見積り書を受け取ったときに気をつける観点としては、重ね塗りの工程か挙げられます。相楽郡加茂町でも基本的に重ね塗りというのは3回作業します。日射が当たる方向等、減衰が多い所というのは4回になることもあり、紫外線が当たらない部分は二回になることもあります。重ね塗りの回数によってつかう塗料の量も代金も変わってきますのでしっかりと気をつけましょう。見積り書については、重ね塗りを何回行うかを確認し、記載していない場合は伺ってみるようにしましょう。いい加減な応対をしてくるような会社は回避したほうが無難です。

外壁の塗装業者は戸別営業ばかりしてくるといったイメージが相楽郡加茂町でもあります。ポスティング広告ビラを撒く以外にも、壁の塗装をしましょうと急にやってくるケースもよくあります。なぜ飛び込み営業をしてくるのでしょう。それは家の壁部分が丸見えだからです。業者の営業は町を行き来して、一つずつ建物の外壁を調べていって、壁がキズついている住まいを選んで現れるのです。すべての家に営業してくるというわけではなく、壁の塗り替えをしたほうがよいところを選んで営業してくるのですが、場合によっては、うんざりする訪問営業をしてくる会社もあるので注意しましょう。