外壁部分にかびなどが発生すると外観が良くない以外にも、壁の素地がいたんでいると考えて大丈夫です。カビは太陽が当たらない部分に発生しやすく、かびを防ぐ効き目が弱い塗装材を使用しているケースでは早い段階で生じます。家を建築する際は、支出をおさえるために塗装の品質を落とすというような場合もあり、そのときには壁の劣化も早くなります。より傷んでいくと、クラック等にもつながり、鹿嶋市でも補修にかかる料金は高くなってきますので、早めに壁の塗り替えをする事が大切です。

外壁の塗装の見積り書が提示されたときにチェックする観点としては重ね塗りの作業があります。鹿嶋市でも通常重ね塗りというのは下塗り、中塗り、上塗りの三回施します。日光があたる南西など、傷みがひどい壁については四回作業することもありますし、傷みが少ない場所は二回となることもあります。重ね塗りの回数により用いる塗装材の量も費用も変わりますのでしっかり確認しておきましょう。見積もりでは、重ね塗りを何回施すかを見て、省略されている際には質問をぶつけてみるのがよいです。適当な受け答えをしてくる感じの所は別の会社にした方が安心です。