外壁と同様に屋根の手入れについても大切です。屋根は壁とくらべても日光を受けるので劣化も早い部位ですが、そうそう見ない場所ですし、いたみを気にかけている人も大元では多くありません。老朽化が進むと建物の内部に雨水がしみこみ浸食などがおきる事もあるので、何年かごとの整備も必須になります。年数としては外壁と同じようにだいたい七、八年位より十年位を目途に屋根の塗装をするのが通例ですが、瓦の場合は塗り替えを行う必要はないです。

大元にて壁の塗り替えの施工業者を絞り込むときのキーとなってくるのが資格とか作業実績です。資格という点では塗装工事等の各都道府県知事の許認可がされている業者であるかという事が重要になります。職人さんがもっている資格という見地では国家資格の塗装技能士があります。さらに大事なのが経験で、資格はもっていても施工実績がまるっきりないというのでは不安になります。過去にどのような工事をやった実績があるのか等についてたずねてみたり、自分の家の壁の塗装の率直な気になった点を訊ねるというのもオススメです。応対等がきちっとしているならば信頼して頼めます。