壁と同様に屋根の整備についても必要です。屋根というのは外壁とくらべても雨風の影響を受けますので傷みやすい部位ですが、普段は目に入らない箇所ですし、傷みを気にする方も高萩市では多くありません。劣化が進むと、家の中に雨が入り込んでかび等が起きてくるケースもありますので、一定期間でのメンテが重要です。時期としては外壁のようにだいたい七年くらいより10年くらいで塗装をやっていくのが多いですが、日本瓦の屋根は塗り替えをやる必要はないです。

見積りの際にチェックする箇所として下地処理を行うケレン作業があります。これまでの塗装材の膜をのぞいて外壁のコンディションを整える工程で、この施工を省略してしまうと、新たな塗料がきちっと働かなかったり、早い段階ではがれ落ちたりすることもあります。高萩市でも、ケレン作業は手間と時間がかかってくるため、これを飛ばしてしまうところもあるので注意しなくてはなりません。作業期間が極端に短期間だったり、代金があまりに格安な際には、下地調整のケレン作業をするかをチェックしてみてください。省略されているときはたずねてみるようにして下さい。