外壁の塗装の広告ビラを見ると10年長期保障付きというように明記している業者も邑楽郡板倉町では少なくないようです。十年保障なら満足だと感じる方も多いですが、気をつけておきたいのはその内容です。ほとんどのケースでは保証が効くのは壁のところだけで壁から塗料が剥がれ落ちたときのみ保障が効きます。とはいえ、壁から塗装材がはがれ落ちてしまうというようなケースはめったにありませんし、壁にくらべてはがれてしまいやすい木部や鉄やトタン等の部分は十年保障の対象にはされず、せめても三年くらいといった保証の中身の場合が大部分のようです。

外壁の分類では、モルタルの壁、サイディングというのが邑楽郡板倉町でも多数で、それ以外にはトタン等があります。モルタルの壁は、セメントや砂と水などを練り合わせたモルタルを職人さんが壁につけて、塗装して作るという工法で、サイディングが開発されるまでは多数をしめていました。この頃の多数派はサイディングの外壁になり、前もって作業場等にて製造されたサイディング材と言われる壁材を貼り合わせる形で作り上げていきます。両方とも何年かごとの塗り替え作業が必須である点では同じになります。