建物の壁が古ぼけてきたら、塗り替えのタイミングになったと考えて大丈夫です。見かけがおとろえているということは塗装材の外側が雨風などで顔料を壊されてきているということになります。塗料が落ちてしまっている場合も同様です。より傷むと外壁部分をタッチした時に塗料が手についてくるようになります。この現象を塗料の白亜化と言い、瀬戸内市でもこのような様子になったら塗り替えのタイミングと考えていいです。

持ち家の壁の塗り替えをやってもらう時機は、家ができてから、もしくは前の外壁の塗装からの期間でいうと、一般的には瀬戸内市でもだいたい10年位です。使用している塗装材などで違いますが、標準ではそのような感じです。時には、建設のときに低品質の塗装材 を使っていたり、もとより塗装材 を利用してなかったりする場合もあって、そういった場合には早く壁部分が劣化するといった事も多いです。外壁の塗り替えというものはひび割れ等を防ぐという意味もあるので周期的にやってください。