外壁と同様に屋根のケアについても必要になります。屋根は外壁以上に紫外線を受けるので老朽化も早くなるところですが、そうそう目にすることはない所ですし、痛みを危惧している人も安芸高田市では多くはないです。老朽化が進むと、内部に雨水が染みこんで侵食等がおきる場合もありますため、一定期間でのメンテナンスが必要です。時期は外壁と同様に約七、八年位から10年くらいで屋根の塗装をするというのが通常のやり方ですが、瓦は塗り替えはいりません。

外壁の形態としてはモルタルの壁とサイディング材が安芸高田市でもたくさん使われ、その他だとトタンや板ばり等となっています。モルタルの壁というのは、セメントと砂石などを練り合わせたモルタル材を職人が壁につけて、そこに塗装をして仕上げるというようなもので、サイディング材がでてくるまでは多くをしめていました。近年の主流はサイディングボードを使用した壁となり、先に工場などで製造されたサイディング材と言われる外壁材をくっつけていく形で施工します。いずれの壁も何年かおきの壁の塗装が重要であるという点では同様になります。