外壁の塗り替え業者は飛び込み営業をしてくるというようなイメージがあおば通でももたれます。ポスティングちらしを配るのはもちろん、外壁の塗装をしませんかという風にいきなりあらわれることも少なくありません。なぜ直接営業ばかりするのでしょう。それは建物の外壁部分が道から見えるからです。業者は道路を行き来して、それぞれの家の壁を吟味していって、壁がいたんでいる家を探して訪れるのです。全ての家に訪ねてくるのではなく、壁の塗り替えが必要なところを探してたずねてくるのですが、なかには、執拗な飛び込み営業をする業者もあるので注意が必要です。

家の壁にはサイディングという人造の壁材というのもあおば通では頻繁に利用されています。サイディング材であればメンテをせずにOKだといったイメージをもつ人も少なくありませんが、モルタルの壁の場合のように外壁の塗装は欠かせません。約十年程度で塗り替えを行っていけば、だいたい30年くらいは大丈夫ですが、塗り替えをしないでいると早期にヒビなどの異常で使えなくなってしまうこともあります。サイディング材だとしても外層は塗装の皮膜で保護している事は同様なのです。