家の外壁の型はモルタルの壁、サイディング材がつくばみらい市でも多く使われ、それら以外には板張りなどとなります。モルタルの壁はセメントと砂などを練り混ぜて作ったモルタルを職人さんが塗り、その上に塗装して完成させる方法でサイディング材が出てくる以前は日本の家屋のほとんどをしめていました。今の多数派はサイディング材を使った壁ですが、あらかじめ作業場等で製造されたサイディング材と呼ばれる壁材を貼っていく形で作り上げていきます。どちらの壁も定期的な壁の塗り替え作業は欠かせないということでは変わりはありません。

外壁塗装を施すときに注意しておきたいのが壁色の決め方です。さきに塗装材の色見本によって選ぶ形になるのですが、塗られてみると考えていたものとちがう風に出来上がってしまったという事がつくばみらい市でもよくあります。サンプルの色と壁全面に塗られた色ではイメージは変わってくることも多々あります。周りの家屋の色彩とのマッチ具合を想像することもポイントです。通常は、目立つ色を選択すると時が経つにつれて色あせが出てくるので、穏やかな色彩を選択すると無難です。