建物の外壁の色あせが目立ってきたら、外壁の塗り替えの時期であると思われます。見栄えがおとろえているということは塗膜が太陽光などによって顔料を破壊されてきているという事になります。塗料が落ちているケースも同様になります。より傷つくと、壁を手で触ったときに塗装材がつきます。このことを塗装の白亜化と言い、大垣市でもこうなったら壁の塗り替えのタイミングとされます。

外壁と同様に屋根の手入れについても大事です。屋根は外壁と比較しても太陽光を受けるのできずつきやすくなるところなのですが、めったに目にしない部位ですし、痛みを気にする人も大垣市では多くありません。老朽化が進むと、中に水分が染みこみ腐敗などが起きるケースもあるため、周期的な手入れが大事になります。時期は壁と同様に七、八年程度から10年前後を目安に塗装をしていくのが多いですが、瓦ぶきの屋根は塗り替えはいりません。