壁の塗り替えについてのちらしを見てみると10年保障というように掲載してある業者も学芸大学ではよくあります。十年間保障なら安心だという人も多数いますが、気をつけておきたいのは保障の意味になります。ほとんどのケースでは保障が効くのは壁の所のみで、壁から塗装材が落ちてしまった時のみ保障の対象となります。ただ、壁から塗料がとれてしまう事はあまりありませんし、外壁にくらべたらはがれ落ちやすい木部などといったところは十年保証されず、長くて数年前後といった保障の内容のことが少なくありません。

外壁の塗装の見積り書が提示されたときに見る観点としては、重ね塗りか挙げられます。学芸大学でも通常重ね塗りは下塗り、中塗り、上塗りの三回行います。日射を受ける南西の方角等、減衰が酷い壁については4回施工する事もある一方、いたみが少ないところについては2回となることもあります。重ね塗りを何回やるかによって塗料の分量も金額も異なりますのでしっかり注視しておきましょう。見積り書については、重ね塗りを何回やるかを見て、省略されているときは聞いてみるようにしましょう。うやむやな答えをしてくる感じの業者は、やめたほうが安全です。